湿気で困った時、分かりやすい乾燥剤の選び方         <シリカゲル・塩化カルシウムほか> 

般的な乾燥剤、除湿剤といえば、シリカゲルA型,B型、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、酸化カルシウム、クレイ系を使用いたします。

先ずはそれぞれの吸湿特性と安全対策についてご説明いたします。

もっと読む

パレット上に載るダンボール梱包の型崩れ対策        <ストレッチフィルムと湿気対策について> 

このストレッチフィルムの素材は主にLLDPE(低密度ポリエチレン)で、コストが安く、防水性、引張り強度にも優れる利点を持ちますが、組織間の密度が低いため、他のポリオレフィン製フィルムの中においては湿気にやや弱い面を持ちます。

そこで、ダンボールを組んだ際に、空隙が生じる、または設置環境がとりわけ悪い場合においては業務用乾燥剤を使用することがあります。

もっと読む

工場、倉庫内の金属部品、機械の防錆について

工場や倉庫内の機械、金属部品に錆が見られたら、そこは過去にも結露が発生した箇所と考えることができます。 仮に完全に閉じ込められた空間としても、容積あたり多いときで約2~4%ほどの湿気(水蒸気)が存在します。 また、ピンホ

もっと読む

除湿剤・乾燥剤によるフレコンバッグ内の湿気・結露対策             (金属・食品・樹脂ペレットほか) 

フレコンバッグ、正式名称はフレキシブルバッグと呼び、1トン以上の強度を持つことからトンバッグ、トン袋、またコンテナバッグの俗称も持ちます。 主に粉状、粒状の原材料、資材、製品を移動、保管する際に使用するフレコンバッグ上部

もっと読む

ダンボールと湿気の関係を検証。大切な品物を長期保管する際の  注意事項。

ダンボールの出発原料は木材パルプと古紙であるため、木質繊維の特性はそのまま残り続けます。 木材と同様に関係湿度の変化により吸湿と放湿を繰り返しますが、必ずしも一定の法則性(履歴)を持つわけではありません。 そこで湿度の高

もっと読む

衣類、バッグ、くつなどの輸入品にカビはいつ、どこで発生するか? <業務用乾燥剤による対策例 ①>

輸入品のカビ被害には経済的損失も加わるため、その発生箇所および原因の究明が課題となるケースが後を絶ちません。 この輸入品とは、中国をはじめ東南アジアからの衣類、バッグ、くつ、カーテン、ベッド、木工品、装飾品などが対象とな

もっと読む

業務用除湿剤を使用した、屋外型トランクルームおよび倉庫の湿気・カビ対策。

住宅密集地で増えている屋外型トランクルーム、貸しコンテナの心配事といえば、安全面よりもむしろ保管品の湿気、 カビ、錆、不快害虫による経済的な損失にあるようです。 電源により空調や換気扇の使用が可能なところもあるようですが

もっと読む