感染症対策品。抗菌透明間仕切りシート発売<SIAA登録品>

コロナ禍により、これまで数多くの感染対策が紹介されてきました。

インフルエンザのように人の飛沫より感染することに加え、物より感染する2通りがあることを専門家は指摘しております。

数か月を経過した現在は、数々の対策例を見ることになりましたが、初期より導入された事例に間仕切りがあります。

ビニールシートにより人と人とを遮断する様子は、コンビニエンスやスーパーのレジのほか、病院、役所、学校にも広く短期間で拡がりを見せました。

当初、切り売り販売の実績があるため、塩化ビニールや農業用養生シートなどが使用されることが多くありましたが、

弊社では厚手のOPPフィルムによる両面抗菌間仕切りシートを発売、サイズを規格品としてホームセンターを中心に販売しております。

該品は三共ポリエチレン(株)様より素材の提供を受けておりますが、同社の抗菌技術はISOに基づく抗菌製品技術評議会(SIAA)の登録品として情報公開されております。

この素材となるOPPとは、簡単にいえばPP(ポリプロピレン)を縦方向と横方向に引っ張ることでシートに張りと更なる透明感を与えたものとなります。

商品内容などがよく見える目的で使われることが多く、たとえば、DM,カタログのほか、花や装飾品をいれる袋の素材としても使用されております。

この透明感は、厚みが増すと極端に透明度の落ちるポリエチレンや、塩化ビニールに比べると同じ厚みでは際立ちます。

飛沫対策とはいえ相手が良く見える方がストレスもかからず、また、店舗ではセキュリティー面で有効に働きます。

このほか置き型パーテーションを自作される方には、その部材としてもご利用いただけます。

枠はホームセンターで販売のあるプラダンであれば安価なものが作れます。また、固定化させるための台座も同様にプラダンを素材としたもので作成が可能です。

このように、両面抗菌・透明間仕切りシートは工夫次第では安価で確実な対策品としてご使用いただけます

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です