業務用として乾燥剤、除湿剤を選ぶ際のチェックポイント。  <再生型シリカゲルと使い捨てゲル化タイプとの比較検証>

錆、カビなどの問題が生じ、防湿に向けた検討を始める際には先ず、幅広い角度から対策案を検討されると思います。

その対象が金属であれば防錆剤、防錆紙との比較、また、空間を対象とすれば除湿機といった選択肢もありますが、

ここではコストメリットのある業務用乾燥剤の選択について考えることとします

もっと読む

美術館、博物館に倣う骨董品、美術品の保管と調湿剤シリカゲルの役割

文化財では金属類、出土遺跡を除けば設定湿度は概ね50%~60%、また、この湿度差を24時間内では5%以内に抑えるとされています。

さて、この湿度域において比較的スピーディーに空調を補助する役割を務めるものに調湿剤があります。

もっと読む

輸送、梱包、倉庫、工場で使用する 長期間交換が不要な業務用乾燥剤、除湿剤とは?

輸送、梱包の際の湿気、結露、カビ対策に業務用除湿剤、乾燥剤が使用されます。 その際には除湿剤の効果に加え、持続性についても考慮する必要があります。 国内向けであればJRコンテナの約1週間が最長となりますが、海外に向けた海

もっと読む

マスクケースとマスク収納袋の選択は一考の価値あり  

マスクケースに備わる抗菌機能は、大腸菌、黄色ブドウ球菌など細菌予防の実績を持ちます。SIAA登録の抗菌フィルム・ドラセナ®を使用したマスク収納袋は、個人向けのほか、歯科、病院、鍼灸、介護、養護施設、飲食業、宿泊業、理美容院に向けた業務向けがあります。

もっと読む

湿気で困った時、分かりやすい乾燥剤の選び方         <シリカゲル・塩化カルシウムほか> 

般的な乾燥剤、除湿剤といえば、シリカゲルA型,B型、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、酸化カルシウム、クレイ系を使用いたします。

先ずはそれぞれの吸湿特性と安全対策についてご説明いたします。

もっと読む